スマートな振る舞いの強い味方

leather-1175170_640

私が欲しいボディバッグは、お財布とスマートフォンが入るだけの小さくてシンプルなものです。欲を言うと厚手のハンカチとポケットティッシュが入ると助かります。外出時に必要な最低限のものだけをボディバッグに入れて、身軽に出かけたいのです。

コンパクト性をアピールしたボディバッグは色々ありますが、あまりポケットやファスナーが沢山ついているものではなく、バッグ自体が丁度ジャケットのポケットひとつのように肌身に近くそしてかさばらないものが理想です。

人より体格の小さい私はよりすっきりとした形をいつも探しています。素材もごてごてしていないでなるべく計量なものが好みですが、だからといってウエストポーチみたいになってしまうのは嫌です。

遊びに行く時に限らず、きちっとした場面でも失礼にならないような色と形をしたボディバッグが欲しいと常々思っています。

ボディバッグは貴重品をコンパクトにまとめて常に持ち歩いていられるという安心感があります。さらに大きなバッグを持ち歩くと、不必要なものをバッグの中に入れがちで、何かにつけてゴチャゴチャしてしまいがちです。

私はボディバッグに入るだけの最低限のものを選んで持ち歩く事は、外出時の必要・不必要を選別してスマートに振る舞う事を約束してくれる便利なアイテムだと考えています。

最低限の持ち物を身につけるからこそ、ボディバッグの色や形そして機能性をこだわりたい。そんな人が多いのではないかと思います。