相棒よれよれボディバッグ

その日着るものに合わせてバッグは幾つか持っている中で、不可欠なのがボディバッグ。ちょっと出かける時財布と携帯だけ持つのに、バッグを持つのは邪魔だけど、二つともポケットには入らない。こういう時ボディバッグはとてもいい。何より両手が自由になるから、色々持って歩くのが嫌いな人間にはスッキリ感が良いし、思いがけず帰りに荷物が出来ても安心だ。

そういうわけで、『ちょっとそこまで』用だったボディバッグは、便利さで出番が増えていき、今では服に合おうが合うまいが、だいたいこれを持って歩くようになってしまった。
もともとこだわって買ったバッグじゃない。適当に扱っていたせいもあって、帆布の本体はくすんで、外ポケットの革は擦り切れてきて、世にもくたびれた姿になって来た。

買い替えどきか、と いろいろ探してみたら、デザインの良いのがたくさんあったので幾つか候補を絞って、見た目重視で新しいのを買ってみた。寒い時期にぴったりの、ツイードを革を使ったもので、携帯と財布以外にも色々入る大きさ。

値段は前のやつよりずっと高く、これから大活躍かと思っていたら、なんだか『ちょっとその辺』に持って歩きにくくなってしまった。気合を入れて買ってしまったせいで、その辺に放ったり、適当にぐちゃぐちゃ物を突っ込んだり出来ない。突っ込んだペットボトルのキャップが開いてたりしたら元気をなくすだろう。背中にあの、気軽なお供感が無くなってしまった。

zip-11392_640

結局、ツイードの新顔はよそ行きとしてクローゼットにしまって前のよれよれを引っ張り出してきて使っている。半分飲んだ缶コーヒーを気兼ねなく入れ、外したマフラーも押し込める。これだよこれ!
あの新顔を次に使うのは、来年の冬以降になりそうな気がしている。